<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 23日

Nandini Bali のまわり

Nandini Bali は本当に田舎。
まわりを歩いてみたけど見事に何もない。またそれが素晴らしくいい。
みんな一生懸命農作業に精を出し、薄暗くなると家路に向かう普通の暮らし。

子供達もお手伝いしたり、田んぼのまわりで遊んだり。
お姉ちゃんは小さい子の面倒をしっかり見ます。
みんな笑顔が可愛くていい子達ばかりです。


d0167093_2240594.jpg
d0167093_22401641.jpg
d0167093_22403297.jpg
d0167093_22411290.jpg
d0167093_22412161.jpg
d0167093_22413318.jpg
d0167093_22421853.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-23 22:49 | OrangBali
2010年 07月 22日

KAKIANG BUNGALOWSよ!もう一度!

KAKIANG BUNGALOWS  知ってはいたけどナゼか射程外の存在だった。

ウブドで偶然知り合ったにぽぽさんからカキアンの情報を得てその年の秋に宿泊。
部屋に足を踏み入れた瞬間「ここ好きかも?」と思ってしまった。

想像以上に快適ですっかりカキアンマジックにかかってしまった。
朝食のパンがすごく美味しいし、スタッフも親切。
何より気に入ったのが、内装がいたってシンプルって所。
室内にはごちゃごちゃした色が無く、すっきりとまとまっているのは
日本人オーナ故の配慮?この内装はポイント高いです。
夜中に起きた時用に足元に明かりもあります。

ただひとつ難点はお湯の出が少し悪かった事。
だけど、昨年水道管、温水器の切り替え工事をしたとオーナーからメールがあり
次回は期待出来そう。

そんなカキアン7日間のところ2日延泊で9日間を予約した。
すぐにでも行きたいけど、夫の仕事の都合で11月に決定。
ん~んいつでもいいです!行けるのならば!
これで仕事でイヤな事があってもガマン出来るわっ!
カキアン5泊残りをサヌールで泊まる予定。ああ楽しみ楽しみ!


d0167093_10292595.jpg
d0167093_10293533.jpg
d0167093_10294335.jpg
d0167093_1029504.jpg
d0167093_10295959.jpg
d0167093_1030977.jpg
d0167093_10301857.jpg



  来週は四国に住むバリ好き女子のオフ会がありますよ。
  どこに住んでいたっていいですよ。是非高松においで下さいまし。
  美味しいうどんたべながら、ウブドの話を致します!(笑)


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-22 10:42 | ホテル&ヴィラ
2010年 07月 18日

Nandini Bali その②

   Nandini の敷地内をブラブラ。これに乗って下に降りてみました。
d0167093_17285173.jpg
   
d0167093_1729127.jpg

   滝(水)の音量があり、下の部屋の人達はうるさくないの?
   と私なら思いますが、Europeanは水の音を求めて下の部屋にするそうです。
   大都会に住む人なら自然の中で過ごせる部屋を選ぶのでしょうが
   私は絶対無理かも?眺めのいい上の部屋を選んでしまいます。




d0167093_1734914.jpg

   途中にスパがあります。
   ここでマッサージしてもらったらあまりにも気持ち良過ぎて寝てしまいそう。
   耳に入って来るのは、造られた音ではなく自然からの音。
   その中でリンパなんか流してもらったら、グビグビドクドク流れて行きそう。


d0167093_17453670.jpg
d0167093_174547100.jpg

   プールで泳ぐのも暑かったです。(笑)  誰もいないプールは最高ですね。
   鳥のさえずりを聞きながらバシャバシャプカプカと気ままに泳ぎます。
   大型ホテルのプールがニガテな私は渓谷プールが大好きです。



d0167093_1752685.jpg

   バナナの葉っぱを上手く使って南国ムードがますますアップ。
   使い捨てだし、可愛いし、エコですよね。日本では味わえない雰囲気がいいですね。



   夜、スタッフが蛍を見に行こうと誘ってくれました。
   真っ暗で街灯さえ無い道を懐中電灯で照らしてくれます。
   残念ながら蛍は見られず「きっと今日は蛍のニュピだよ」と冗談を言いながら
   暗い夜道を歩きました。
   ここはスタッフがものすごく親切で、もう一度泊まりたいと思うホテルでした。
   そして、本当に真っ暗な道を体験したのが嬉しかった。
   どんな田舎でもほんの少しの明りってどこかにあるでしょ?
   人が住んでる所で漆黒の闇のような暗さの中に立つ事自体、ある意味凄かった。



 にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。 

   
[PR]

by miegoreng | 2010-07-18 18:19 | ホテル&ヴィラ
2010年 07月 17日

Amed&ムカついた事

Amed方面にドライブ。

我が家はいつもバリで塩を買います。こういう現地で買えばいいのでしょうが
荷物になるのでこの時は買いませんでした。
男の子達が売りに来たのに断っちゃってゴメンナサイ。

その時は通っただけなので、アメッドにはもう一度行きたいと思っていますが・・・。
観光客がシュノーケルでプカプカ浮いて楽しそうでした。
私は休憩がてらコーラを飲みながら眺めていたんだけど、のんびり出来る所ですね。
ただ、ホテルはあの海岸の周りだけなのかしら?
行ってはみたいが、さっぱりわからんし・・・そんな感じです。


d0167093_18234160.jpg
d0167093_1824011.jpg
d0167093_18241652.jpg
d0167093_18242586.jpg



マイレージが貯まりバリに行けそうな日の空席状況を問い合わせてみたところ
全て一杯でまたプランの練り直し。
翌日もう一度問い合わせた所やはり無理。

もちろん可能な日もあると思うが気持ち良く空席状況を調べてもらえない。
こっちなんてまったく分からないから問い合わせているのに
「こちらでもわかりません」とおっしゃる。じゃあどーすればいいんだよ!
友達も同じ事言ってたけど、本当に電話応対が感じ悪ぅ~って思う。
普通に言って欲しいんだけどな・・・

なので、今回はマイレージでは行かず、いつものように航空券買って行こうかな?
おっと、その前にうちの夫がもういっぺん電話する!って言ってます。
マイレージで行けるといいけど、またあの対応なのかなあ(ノД`)・゜・。



にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-17 18:54 | 景色
2010年 07月 10日

おっさんとバリで食べたもの。

2月に高校時代の友人「おっさん」とバリに行って来ました。
まさか女友達と行けるなんて思っていなかったのですごく楽しみでした。
おっさんとは3~4年前から海外旅行するようになりました。

今までは、韓国2回・大連・バリに行きました。
たまたまお互いが無職だったので思い切ってバリに行ったのですが
今はお互い就職しているので、次回のバリはどうなるかな?

実際バリに行って、バリが気に入るか否かどっちに転ぶか正直どきどきしてたけど
おっさんはとてもバリが気に入って「バリがむこうからやって来ないかなあ?」と
ワケわからん事言うてます。

私もおっさんもマッサージ大好きなので毎日マッサージに行き極楽の時間を過ごし
欲しいものは値切って値切って買い物し、料理はすごく美味しいし、適当にカフェで
お茶して・・・と、かなりゴキゲンな旅行となりました。

その中で、おっさんが絶賛したワルンのトマトスープ。≒70円
ダラム・プリ寺院、ジャズ・カフェ・ウブドの通りにある「ビアンカフェ」
スープの写真は撮ってないけれど、ミーゴレン・ナシゴレンは↓コレです。
ここは、ホントにお勧めですのでダラダラ歩きついでに行くのがいいかと思います。
d0167093_2312682.jpg
d0167093_23121666.jpg



  初日はクタに泊まりだったので、まずはお約束のポピーズレストラン。
  やはり街中料金。お高いですね。
d0167093_23145190.jpg
d0167093_2315299.jpg



  これもお約束のライステラスでのランチ。この辺りも変わったね~
  離れた所に座敷風に造られたカフェが出来ていてビックリしました。
d0167093_23185033.jpg
d0167093_23185987.jpg
d0167093_2319997.jpg


  最終日にはクタに戻り(ホテルがクタのパッケージツアーだったけど使わずに
  ウブドで過ごした)
  マタハリに行き買い物をして最後の晩餐。
  1番高かったお料理です。そして1番○△×%&!”(笑)
d0167093_2323870.jpg


 最後までおっさんはビアンカフェのトマトスープを大絶賛していました。
 いつかまた一緒に行けるといいなあ・・・


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-10 23:32 | 食べた!飲んだ!
2010年 07月 06日

Ulun Ubud 無理からアップグレード

Ulun Ubud初日の夜に事件は起こった。(1日目

事件と言う程でもないが、私達にとったらちょっとした騒動。
夜、シャワーをしているとお湯の出が悪くなり、仕舞いには止まってしまった。
突然止まられても・・・毎晩シャンプーするキレイ好きの日本人にとっては困りもの。
急いで服を着てスタッフを呼ぶ。
数分待って再度シャワーをするもまた止まる。
さすがにキレてスタッフと共に別の部屋でシャワー。そしたら又同じ事。
また別の部屋へ移動。3部屋位変わったかなあ。
ブーブー言いながら暗い石の階段を上がったり下ったり。
二人が無事シャワーを終えるまで1時間以上かかった。

翌日の朝食時、本当ならもう1泊する予定だったのだがこんな調子だと困るから
キャンセルしようと朝食を運んで来たスタッフにマネージャーを呼んでもらった。
そして、昨夜のクレームを言い、今夜はキャンセルするので
すでに支払っている料金を払い戻して欲しいと言った。

マネージャーは「キャンセルは勘弁して欲しい。そのかわり今夜は
デラックスルームにお泊り下さい」と困った顔で私に言った。
デラックスルームと聞いてグラリと来た私は「じゃあそこまで言うならそうします
そのかわり昨夜呑んだビンタン2本サービスしてね」と彼に言って話はまとまり
一件落着で握手した。

部屋を移動すると、若いスタッフが部屋の床を拭いてキレイにしてくれていた。
その夜は1回だけお湯のトラブルがあったが、少し時間をおいたら大丈夫だった。

チェックアウトの時、お約束のビンタン2本の請求があったので「あのね、これはね・・・」と
説明して取り消して頂いた。
こちらもお金を払っているのだから、お湯の件はきちんと言って当然だと思うし
こういう時は言うべき事は言わなければいけないと私は思う。
決して強く言うのではなく、きちんとした態度で。


d0167093_2324051.jpg
d0167093_2324824.jpg
d0167093_23242336.jpg
d0167093_23243339.jpg
d0167093_2324426.jpg

夫は「ウルンウブドはもう一度行ってもいい」と言う。私ももちろんそう思うが
もしお湯が出なくなったら・・・と思とつい他のホテルになってしまう。


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-06 23:45 | ホテル&ヴィラ
2010年 07月 05日

Sanurの海、色々な顔

Sanurの朝。
私達が寝ている時間に砂浜をキレイに掃除している人がいます。
漁に出ている人がいます。
朝陽をカメラに収める人がいます。
d0167093_20522748.jpg
d0167093_20523866.jpg
d0167093_205246100.jpg



Sanurの午後。
     バカンスを楽しむ人達がいます。
     砂浜を歩く恋人同士がいます。
     漁をしている若者がいます。

d0167093_2042330.jpg
d0167093_20421490.jpg
d0167093_20422797.jpg


   楽しむ人、生きる人、それぞれの海ですね。大好きです、Sanurの海。

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-05 20:53
2010年 07月 04日

ベモに乗ろう!Sanur

サヌールがちょっとづつ好きになっている私です。
バリでは庶民の強い見方のベモがありますよね。
私はそんなに詳しくもなければ知識も無いのでベモって何?って感じでした。

ある朝、シティチェックインをしようとあるホテルに向かって歩いていました。
その時、ハイアットホテルの前で警備員と目が合い「パギ~パナスパナス!」と言うと
「じゃあベモに乗ればいい」と言われ向こう側で停車しているベモを呼んでくれました。
「ベモ?ん?どーやって?」何もわからないまま警備員さんのエスコートにより
ベモデビューとなりました。パチパチ(拍手)

とにかく初体験なのでいくら払えばいいのかわかりません。
降りるタイミングもわかりません。
乗客がいなかったのでとりあえずタクシーみたいに行き先を告げてみたら・・・
そのままホテル正面まで連れて行ってもらえました。
「こんな便利な乗り物はない!」それからベモに乗りまくり。ベモ最高です。
d0167093_20135557.jpg

d0167093_20295577.jpg
d0167093_203066.jpg

d0167093_20315279.jpg

ホテルのスタッフに相場を聞けば、ひとり5,000Rpだと言われその通り払っていましたが
翌年からちょっと高い?と思うようになりふたりで5,000Rpとか4,000Rpを払って
乗っています。それでも高いかもしれませんね。
でも観光客相場って事でこの位はよろしいかと。


d0167093_20322988.jpg

          ベモに乗ってハーデーズにも行きました。

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-04 20:53 | 景色
2010年 07月 03日

TANDJUNG SARI で朝食を

サヌールではいつも海岸を散歩する為に早起きします。
ジョギングをする人、家族で散歩する人、犬と一緒に散歩する人
それぞれの朝があります。

タンジュンサリのレストランはプールの隣にあり、すぐ前は海です。
海の匂いの中で頂く朝食はとても幸せです。これぞ旅の喜びです。


d0167093_20302186.jpg
d0167093_20303211.jpg
d0167093_20304164.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-03 20:38 | ホテル&ヴィラ
2010年 07月 02日

TANDJUNG SARI


サヌールに初めて行ったのは2004の暑い午後だった。
ウブドで知り合った日本人夫婦に勧められ訪れてみた。

が!暑い!地理がわからない!イライラする!で滞在時間1時間位で
クタへ移動したと言う苦い思い出があった。

2005デンパサール行きの飛行機の中で、なんと昨年の↑夫婦と会った。
もう一度情報を仕入れ昨年のリベンジにと教えてもらったホテルへ行くも満室でお断り。
当時はバックパックだったのでヘロヘロになるわ、薄暗くなるわ、お腹は減るわで
又も昨年と同じ状態に陥った。

数件回った末、安宿に落ち着いた。
その時は1泊のみで翌日はチャンディダサに向かった。
なのでサヌールにはいい印象も記憶も無いんだけど、どういうわけか又チャレンジ。

今度はきちんとホテルを予約して2泊。
この時からサヌールが好きになり、旅の最後はサヌールと決めた。
ハーデーズでお土産を調達し、プール・海でのんびり遊ぶ。
疲れたらマッサージ屋に入り、ベモに飛び乗る。こんな便利な所はない。
今ではウブドと同じく外せない所になった。
だけど、最終日でないといけない。初日ではダメなのである。
これ我が家のルールなのダ!


d0167093_20361885.jpg
d0167093_20363359.jpg
d0167093_20365140.jpg
d0167093_20365953.jpg
d0167093_2037616.jpg
d0167093_20372142.jpg
d0167093_20373683.jpg

  帽子とパレオは海に行くとき重宝しました。こういうサービスは嬉しいですね。
  ただ、洗面台とトイレはあまり好きじゃなかったな。


d0167093_20462146.jpg

     結婚記念日のカードを頂きました。今でも大切に飾っています。

にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-07-02 20:54 | ホテル&ヴィラ