カテゴリ:景色( 32 )


2011年 11月 10日

ただいま~っ

ただいまです。バリ日記ぼちぼち書いて行きます。


d0167093_2295868.jpg

[PR]

by miegoreng | 2011-11-10 22:14 | 景色
2011年 10月 11日

いつかは!

最近のバリでの過ごし方はもっぱらウブド&サヌールの2か所だけ。

以前はあちこち行っていたし、行くのも苦にならず楽しかった。

今でも楽しいんだけど、年のせいかお宿探しが面倒でついついエア&ホテルPTで申し込んでしまう。

その方が安く上がると言う利点もあるのだが・・・

  
「いつかはロビナ!とワカガンガ!」が今の私たちの合言葉。

いつになるかわからないけど、絶対行ってみたい所なんだー。



d0167093_855960.jpg

     ムンジャンガンに向かう途中立ち寄ったカフェから。


d0167093_8552257.jpg
 
d0167093_8553288.jpg

     チャンディダサからアメッドに向かう途中


d0167093_857198.jpg

     ムンジャンガンミンピリゾート周辺をチャリで散策中出会った少年達。


d0167093_8582061.jpg

     高松空港から羽田に向かう便。多分ANA。






にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ポチっとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2011-10-11 09:09 | 景色
2011年 01月 21日

いざ!サヌールへ

11月21日(日)
プラマバスにてサヌールに移動。ああウブドともお別れだわぁ。涙涙
バスを待っているとひとり旅のおっさんが寄って来た。(その時夫と離れていた)
普通に会話したのだが、所々で私の事を「お嬢さん」などと言う。
「おばさん」に「おばさん」と言うのは失礼だと思ったのだろうが
「おばさん」に「お嬢さん」と言うのはもっと失礼な気がする。プンプン!

夫が混じりバスの後方座席に3人で座る。
おっさんの話は適当に面白かったが、夫の事を「社長」私の事を「若奥さん」と
呼ぶのには参った。

夫が「あのおっさん、中国に行き過ぎて中国かぶれしとんちゃうか?社長社長と
普通は初対面の年下に言わないだろう」とブツブツ言ってた。
それも旅のいい所なのかも。

暑い暑いサヌールに到着。
今回泊まるのは「アマンサリ」。バリ友にぽぽ情報。
d0167093_22455977.jpg
d0167093_22461332.jpg

ちょっと迷って宿に着く。
荷物を置いてさっそくハーデーズに出かけるも、シティチェックインもしたいし
何か食べたいし、暑い時間帯にプールにも入りたいし、海にも浸かりたい!

なので適当に店に入りミーゴレンを食べる、
が、バリに来て運動しないからか夫の食欲が減退気味。仕方ないのでナシゴレンはブンクス。

一旦部屋に戻り、シティチェックインをしにサヌール・アエロ・ウィサタにベモで向かう。
GAカウンターが閉まる前に滑り込みセーフ。
窓際席を予約してひとまず安心。

1階のロビーで一休みしてまたホテルに戻る。
暑い暑いサヌールは移動も大変だわぁ・・・
早く帰ってプール!プール!




にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2011-01-21 23:13 | 景色
2011年 01月 18日

帰路に向けて最後のひと走り!

テガラランに着いた頃は日も暮れ始めた夕方。
珍しくノンビリと棚田を見たり、みんなで記念撮影。
物売りさんもチラホラいたけど仕事終いなのかそんなに強引に売って来ない。
昼間は静かながらもエネルギッシュな棚田も、夕暮れは昔からのいつもの
棚田に戻ったみたい。なんだか心がほっこり。

ツーリングも終盤。帰路に向かいます。
バイクに揺られながら暮れてゆく景色を最後までしっかり見ようと
薄暗くなった村をずーっと見ていました。

d0167093_9273735.jpg


夕食は、マンガマドゥ。2階のお座席で閉店までたっくさんたっくさん話込む。
本当に楽しい1日だった。
思い出がひとつ増えた事が何より嬉しいし、出逢えた事もすごく嬉しい。
心から感謝。ありがとうnekoさん。ありがとうneko夫さん。
またいつか絶対一緒に遊びたいね。


その夜は、夫のカキアンも大満足で上機嫌。
実は、私の気分がなんとなく優れずイライラしたり暴言を吐いたりしていたんだけど
この日を境に気分転換になったのか、私も夫も優しくなったみたいで
あまりケンカ(ささいな口げんか)をしなくなった気がする。
夫はそんな事全然わかってないけれど、私はそんな気がする。
夫婦ふたりでいると、甘えもでるし好き勝手言ってしまうからね。
少しの緊張も大事な潤滑油かもね?

て言うか、バリに来るだけでも気分転換なのに、それさえ出来てなかったって事かね?
あ~いかん!いかん!旅行中は、思い切り楽しまなくちゃ!


旅もおしまいに近づきました。明日は、バリ最後の地、サヌールに向かいます。
プラマ社のバスチケットを購入してパッキング。
とても淋しいですが、残りのサヌールを楽しみましょう!



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2011-01-18 10:08 | 景色
2011年 01月 07日

続・・走るぞぉ

昼食後、再びバイクを走らせ北へ向かいます。風が冷たくなり寒い程です。

着いた所は観光客用に有料で開放している村。
立派に整備されているけど、民家を覗くと昔ながらの生活が残っています。

商売気のあるイブは自分の家に招き入れコーヒーを勧めるも
どうしたもんだかよくわからなかったので、そそくさと引き上げる。
d0167093_917269.jpg

d0167093_956384.jpg

d0167093_9175871.jpg
d0167093_918726.jpg

お寺を見たり歩いたりして喉が渇いたので、ワルンの看板に吸い寄せられ
冷たい飲み物を飲む。
d0167093_9261357.jpg

おばあさんがご飯を炊いていた台所。ここは真っ暗で蒸し風呂状態。
換気も良くないと思うのだが、理由があっての造りなんだろうな。
笑顔で話しをしてくれたおばあさん。観光客がやって来る暮らしを
どんな思いでいるのだろう???胸の中はわからない。

村を後にして再びバイクを走らせキンタマーニ高原に。
いつからか通行料を取られるようになったみたい。
2月に来た時は大雨で何がなんだかさっぱり見えず
雨宿りする観光客だけ見に来た感じだった。

10年振りに見た景色。キンタマーニ高原なんて「1度見たらいいや!」と
全く足が向かなかったが(2月は初バリの友人の為)もう一度この景色をみると
「来てよかった」って改めて思った。
d0167093_9462633.jpg
d0167093_9464099.jpg

初めてここに来たのは15年位前なんだけど、こんなレストランも無かったし
物売りもそんなにいなかったので静かに静かに眺めた記憶がある。
(その時入ったレストランは離れた所でまだ健在)
10年前に来た時はこのレストランはすでに建っており、車に乗ってからも
窓からTシャツを押し付けるようにして物売り攻撃に遭い大変だった。

再びバイク。帰りにテガララン? が、ここも物売りが多い。
「でも時間は5時過ぎるから多分いないかも?」
「でも中には残業組がいるかもよ?」
「もしかして遅番がいたりして・・・」などと言いながらとりあえず寄ってみる事にする。

ブゥ~~~ン。順調良く走っていたのだが「バグースジャティ」のホテルの看板を
夫が目ざとく見つけた。
「あっ!バグースジャティや!寄りたいなあ!」夫がすぐさまnekoさんチームに
ホーンで合図。
「ちょっと寄っていいですかあ?」nekoさんチームに付き合って頂く。
親切なnekoさん、感謝です!

ここは今回マジで泊まろうか?と候補に挙がっていたホテル。
と言うかいつかは絶対泊まろう!と思っているホテルなので超感激!
ゆ~っくり敷地内をカートで回って案内して頂き、なんか泊まった気分になった。
なのでもしかしたら泊まらないかもしれないが(えっ?驚)
ひとつ目的が消化されたみたいでスッキリした。あ~満足満足。
(バグースジャティの写真は後日)

再びバイクに乗りテガラランに向けて走ります。結構濃いツーリングだわ!最高!



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2011-01-07 10:27 | 景色
2010年 12月 24日

さあ走りますよぉ!

11月20日 土曜日 

本日のメニューはフレンチトースト。
好きってワケでもないんだけど、せっかくメニューにあるから無理やり?
夫にオーダーさせてみた。スンマソ。
d0167093_1731026.jpg


今日はブログ友のnekoさん夫妻にお会いしますよ。ドキドキです(笑)
約束の10時にカキアンまで来て下さいました。
ロビーでご挨拶をして今日の日程を相談します。
nekoさん夫もうちの夫もバイクで遠出が好きなので最初っからテンションup!

まずは、明日ウブドを離れるのでお別れを言いに私の友人宅に向かい
その後nekoさんの宿泊先に寄って地図を見る。
nekoさんが泊まっているロスメンは、昨日バイクで通った所なので地理が再確認出来て
夫がすごく喜んでいた。

今回はうちの夫のリクエストでナントカと言う所へ行く事になった。
実は夫はガイドさんや友人に「ナントカに行きたいけど遠いか?」と何度も訊いていたので
よほど行きたかったのだろう。
そんな夫に付き合ってくれたnekoさん夫妻に感謝。
(ナントカとは私はわからない所。なので説明出来ない・・・)(涙)

まずはギャニャールの市場に行く事に。←(合ってる?)
d0167093_17451830.jpg
d0167093_17453170.jpg
d0167093_17454751.jpg
d0167093_17455821.jpg
d0167093_1746724.jpg

d0167093_1864533.jpg

ここはもちろん初めて行く所。バイクがあればどこにでも行けるね。
いつも短い日数であわただしく過ごすのでバイクで遠出自体がすごく楽しい。
残念ながらここでは食事が出来なかったので、再びバイクにまたがり走る事にする。

nekoさん夫妻の後に続け!と風を切り爽快に走る。
コンタクトなので目にゴミが入ると痛くてたまらない私を気遣いnekoさんが
サングラスを貸してくれた。
最初の頃は必ず持参していたけれどあまりかけなかったので、ここ数年持って来ない
ようになった。
だけど今回貸してもらったおかげで目が随分楽だった。
nekoさんありがとう。ひとつ勉強になった!

お昼は適当に探しながら食べようと言う事で走り続ける。
途中いい匂いが・・・どこかわからないけど二人で「いい匂いやなあ~」と言う。

確か、道を間違って元に戻り走り、また間違えたとこら辺でお昼を食べたんだっけ?
道を尋ねに行った所に魚の看板があり、そこがお食事処だったような・・・
怪我の功名。間違ったおかげで美味しいお昼にありつけた。
d0167093_1891583.jpg

バイクを降りて店内に入ります。色んなメニューがあると思いきや・・・
魚とゴハンとおかずのセットメニューのみ。ちょっと怪しい?と思ったけど
出て来た料理を食べてその怪しさは吹っ飛んだ。
超超超辛いけれど、私は滞在中食べた中で1番美味しかったかもしれない。
d0167093_1816942.jpg

d0167093_18185121.jpg


おいひぃお店の看板。この魚は「なまず」ではないか?と人に言われたが・・・
果たして真相は?
「来年もここに来たい!道わかる?」と夫に訊くと「ムリ」と答えが返って来た。
まぼろしの定食となるのか・・・涙
d0167093_1822998.jpg

お会計の時、レジ横に可愛いバナナが丁度人数分あったので頂いた。
辛い後のお口直しによろしいわ。

おなか一杯になりさあ目的地へ向かいましょう!段々涼しくなって来ますよぉ。



     +++++++++ オマケ ++++++++++

    .。.:*・゚Merry X'mas:*・゚。:.*
昨年のクリスマスの夜。昨年はパスタを食べたようだ(笑)
今年は飾りつけもサンタさんも一切飾っていない淋しいXmas。
仕事で忙しかったりして心に余裕が無いのかな?
そんな今年のXmasは・・・我が家は餃子を食べますよ~。
せっせと80コ作り、夫と私の実家に差し入れ。
仕事中の親友にメールで「餃子要るか?」と尋ねたら即「帰り寄りま~す」と返事。
私はチキンが食べれないので、よその家庭みたいにXmasらしくない夕食なの。
そんな私・・・性格チキンだと思います(笑)

みなさん楽しいXmasをお過ごし下さいね。私は明日は仕事ぢゃ~
     
d0167093_18331064.jpg
d0167093_18331953.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-12-24 18:50 | 景色
2010年 12月 13日

Tirta・Sari

ティルタサリの踊りを観るのは2回目。夫は初めて。
今回夫はこの踊りを楽しみにしていた。
オリさんが席を取ってくれていたので最前列から観る事ができた。

私達に遅れる事10分、Iさんがやって来た。
彼はここのメンバーと懇意にしているらしく毎年観るとの事。
さすが通らしく、椅子に座って踊りを観るのではなく、演奏している人達の横の
ステージの淵に腰かけ斜めから観ていた。
この席は隠れフアンもいるのか何人かが座って鑑賞していた。
案外ここお勧めかも?
d0167093_2130435.jpg

d0167093_21311031.jpgd0167093_21314231.jpg

d0167093_21381550.jpg

d0167093_21423562.jpg


d0167093_21514538.jpgd0167093_21515680.jpg

d0167093_215534100.jpg
d0167093_2211744.jpg

私はオリさんの踊りが大好き。練習の時はめちゃ厳しかった事を思い出す。
昨年偶然に7日間程教えてもらう事になった時、左に歩き、右に歩いて戻る最後の3歩の
足の位置が少しでもズレようものなら何度も何度もやり直しをされそれだけでレッスンが
終わった時もあった。
目を大きく開く練習も「目に力を!」と相当やらされた。

また来年もオリさんの踊りが観れるといいなあ・・・そんな思いの中幕は閉じた。

カキアンの迎えの車にIさんも一緒に乗って帰る事にした。
そして昨夜と同じようにカキアンベーカリーカフェでお茶を飲む。
閉店までおしゃべりに花が咲き、実に楽しい夜だった。

Iさんが泊まっているホテルはペルティウィ リゾートの近くなので、カキアンのスタッフに
「送ってあげて欲しい」とお願いするも、時間外なのでムリだと言う。
Iさんは「もちろんいくらかお支払いします」と言う旨を伝えたら「ではバイクなら」と
答えが返って来た。
「バイクで充分です」と私・夫・Iさんが安堵の胸をなでおろす・・・が!
「バイクならあるやん!レンタルしてるやん!」とレンタルしている事を思い出す。

夫がIさんを送って行き、私は「また必ず会いましょう」と、ここでIさんとさよなら。
いつの日かまた会いたいと思える人だった。
8年振りに偶然会えた事が奇跡に近いような気もした。

なぜこんなにいい人に巡り会えるのだろう。
なぜ日本では会えないのに異国の地で会えるのだろう。
なぜ再び会う事が出来たのだろう。

バリでは色んな人と出会える。小さな縁かもしれないが、とても幸せな気持ちになれた。
それは夫も同じだった。




にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-12-13 22:52 | 景色
2010年 12月 10日

バイクで探検

お昼を食べてからはバイクでちょっと探検。
道に詳しくないのでJl.Kajeng方面に向かって軽く攻める事に。
d0167093_1814368.jpg



d0167093_18153745.jpg

いつだったか早朝散歩をした時の事を思い出す。あの時はテクテク歩いたっけ。
d0167093_1816451.jpg

    大嫌いなガ~コ達を見たり(ワタシ鳥大嫌い人間。超怖い!)
d0167093_18213499.jpg

d0167093_18254267.jpg

    のどかな田園風景を楽しみながらグングン進んで行くと
d0167093_18321291.jpg

「行き止まりでっせ。もう道はないでっせ~」と農作業を一休み中の3人衆と出会う。
「行き止まりなのね~・・・ほな塩アメでもどうでっか?」とアメを差し出す。
ここで「塩」のインドネシア語が出てこない!Saltでは通じない。
それでもSaltSaltSalt!と言い続ける。こうなりゃあ食べてわかってもらうしかない。
早速皆の衆塩アメを口に入れる。わかったでっしゃろか?


来た道を引き返し、チャンプアン橋を通過。
d0167093_1839336.jpg

ウブドでここが1番好きな場所。なので絶対ここはハズせない。
夫もそれを承知か迷わずこのルートをとってくれた。
橋を過ぎて左手を鋭角にグン~っと坂を登る。ワルンソフィアを通過。
ここからは全く未知の道。(シャレのつもり)まっすぐまっすぐ走る。
すると高台の運動場みたいな所で中国の朝みたいなシーンに出くわす。
「サトゥ~ドゥア~サトゥ~ドゥア~」と大勢で運動をしている。
「サトゥ~ドゥア~サトゥ~ドゥア~」腰を曲げたり反らしたり。
それから二人は「サトゥ~ドゥア~サトゥ~ドゥア~」としばしの間呪文のように
言い続ける。


走るのはいいけど、地図を持たずに来たのでどのあたりを走行中なのかわからない。
もし迷うような事になったら今夜のテルタサリに行けなくなる。
いや、アフタヌーンティが頂けなくなる。そんなのイヤだ!欲しい!
なのでそろそろ引き返した方がいいんじゃない?

「あと少し。あと少しだけ」と子供の冒険のように楽しんでいる夫には申し訳ないけど
今日の所は帰りましょう。
きりのいい所でUターン。冒険はまた次回楽しもうね。
d0167093_192791.jpg

         来た道をまた戻ります。
「サトゥ~ドゥア~サトゥ~ドゥア~」の人達、運動続行中。
d0167093_1921658.jpg

d0167093_1975747.jpg

NEFATARI発見。「ありゃ!NEFATARIってここにあるんだ!知らなかったぁ」
リサーチ不足、ツメの甘さが情けなや。もっと頑張れ自分!
          「サトゥ~ドゥア~サトゥ~ドゥア~」

チャンプアン付近まで戻った時「違う道から帰ってみよう」と提案。
確かレストランミローズの横の道から帰れるはず。フォンキーフォレストと平行のはず?

確かに道はあるけれど、途中から「これ道か?」みたいなデコボコ道になってきた。
言った手前「大丈夫!大丈夫!」と自信ありげに振舞っていたけれど、やや不安になる。

と、そこに現れたKOMANEKAちゃん。
d0167093_20115992.jpg

同時に夫が叫ぶ「プリティウィのスパ?」
「なワケないやん!なんでプリティウィなん?あるワケないいやろ?」と
道を挟んで向かいを見ると・・・・・プリティウィあった・・・あるやん。
その時ようやく現在地を把握。おーし。もう帰れるぞ~

で、出た所がここ。モンキーフォレストの入り口に近い所。
d0167093_2020083.jpg


無事戻る事が出来、お楽しみのプール&アフタヌーンティーで落ち着く。
お迎えの時間まで読書タイム。オリさんの踊りに期待で胸がドッキンドッキン。
  





    ++++++++++ オマケ ++++++++++++++
d0167093_20313679.jpg

バイクで走行中パショリ。なんだかスタバらしくないなあ~そんなカンジ。
にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-12-10 20:43 | 景色
2010年 12月 07日

アマンダリを後にして~

アマンダリで休憩して再びバイクにまたがり北へと走る。
(ダリの写真は後日)

少し走り右折。
(頭ではわかっていたがここが右折地点とは・・・夫は普通に右折する。私は見過ごす)
さっぱりわからんかった。。。

夫が「ウルンに寄ってみよう」と言うので直進のままウルンウブドに入る。
ここは2005年に泊まったホテル。
お風呂のトラブルがありスィートルームに替えてもらえた経緯アリ。
d0167093_22371991.jpg

当時のスタッフはおらず、別の女性が対応してくれる。バリっぽくない顔立ち。
その時泊まった部屋をもう一度みて懐かしむ。
夫はここをとても気に入っている。おそらく私がリピしようと言ったら間違いなくOKを
出すだろう。

ホテルを後にしてビンタンスーパーに向かう。
しかし、ここはスーパー。サヌールで一気にまとめ買いをする予定なので
ここでは買うものは無い。何より時間が勿体無いと言う事でパーキングを1周して出る。

サリオーガニックに行ってみたいので試みるが道がわからず諦める。
もしかしたら明日会うnekoさんと行くかもしれない。
淡い期待を抱いてバイクは東へ。

じゃあ、マサコ石鹸工場でも行こうか?と言うので行ってみる事にする。
ちょっと道を間違える(私がウソの道を言ってしまいました)
夫の勘の通りに行くと辿り着く事が出来た。

ゆっくりと買うのも面倒だったので、適当にパパッと買う。
d0167093_2315208.jpg
d0167093_23153215.jpg

d0167093_2356574.jpg


JLプリアタンを走って帰る事に挑戦!案の定信号がある大きな交差点でややこしくなる。
えいっ!とムリから曲がってその場を去る。あぶないあぶない。
適当に走りGSが目に入る。ああ帰って来たんだぁ~ここに出るのかぁ。
「実際自分の運転で走ると地理も覚えるな」と夫は少しわかったようでご満悦の様子。

とりあえず宿に戻る。
今日の昼食はアユカトゥが働いているワルン スメスタに行きたい。
ここからだと歩いても行けるが、その後バイクがあればまたどこかに行けると言うので
バイクですぐに出かける。
d0167093_236670.jpg

店に入ると仕事中のアユカトゥが驚きの声で迎えてくれた。
ここはテガルサリが経営するワルン。ジェラテックの向かいにあります。
d0167093_23144733.jpg
d0167093_2315091.jpg

d0167093_23264493.jpg
d0167093_23265412.jpg

カンクンとナシゴレンを食べる。店内はわりと盛況。
アユカトゥとはここでお別れ。苦労している娘だけにどうか幸せになって欲しい。
私の大好きなアユカトゥ。ずっとその笑顔でいてね。


夕方までまだ時間がある。
夫がJl.Kajeng方面に行ってみたいと言う。うん賛成!
私もあのあたり大好き!行こう行こう!

と、その前にちょっと欲しいバックがあるの。
仕事用に欲しいからお店に寄っていい?
d0167093_2334165.jpg

バリに来たら絶対買おうと決めていたバック。
「じゃあプレゼントするよ」と夫が言ってくれる。えっ?本当?
やるな、うちのカキアン!
お言葉に甘えお買い上げとなるも、まだお金もらってませんが・・・(笑)


     そしてバイクはJl.Kajengに向けて風を切って走ります。



にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-12-07 23:47 | 景色
2010年 12月 04日

夜のお楽しみ ラカレケ

時間通りに迎えがやって来た。
ファミリーゲストハウスのスタッフ。1年半振りの再会!

ラカレケは宿から車で20分位だろうか?
通された席は中央真前で1番いい席だった。ここでもファミリーのイブに感謝。
料理はアラカルトで好きな物をオーダーした。
d0167093_18553245.jpg


ここで以前ファミリーでお世話になったCさんがステージに立っているが
今日はいるだろうか?
Cさんの顔を思い出しながら踊りを観たけれど、わからなかった。
そして恒例の観客もステージに上がり一緒踊るコーナー?がやって来た。
踊っていた人が突然ステージ下に下りて来て観客の手を引きステージ上に連れて行く。
その時「ハロー」と言う声に夫が反応。「Cさん?」夫が先にCさんに気づく。
私もCさんもビックリビックリ。私も夫もステージに連れて行かれ見よう見真似で踊った。
ここに来るのは4回目だけど、4回ともステージに上がっちゃってます。
d0167093_19132329.jpg
d0167093_19133278.jpg
d0167093_19134168.jpg

ショーも終わりトイレに行く途中、バイキング担当のファミリーのイブと会う。
彼女はいつもいつも私を歓迎してくれる。
特にお化粧の事とか美容の話をよく聞いてくる。
「デザート食べて」と果物を勧めてくれるので遠慮なく頂き、美容の話をする。
あまりにも長く話しをしていたので夫がやってくる。
夫もデザートを勧められ遠慮なく頂く。夫婦して卑しいなあ(笑)

宿に着いた途端、数秒差でポンコツ車(失礼)が先にカキアンに入る。
夫が「後が当たってひどい車やなあ」とボソリと言う。
車から降りた途端、ポンコツ車からも男性が降りて来た。
夫が「S!S!」と名前を呼んでいる。ん?一瞬わからなかったが友人Sの姿が。
昨日お土産を持って行った時には仕事で留守だったので、わざわざ会いに来てくれたのだ。
私たちは南から、Sは北から同時に駐車場に入ったと言う事だった。
嬉しくてハグハグ。

そしてもうひとつ驚きが。
7年位前にトゥブサヤのロスメンに泊まっていた時もSが訪ねて来てくれた。
その時、帰国の為空港に向かう日本人男性Iさんも一緒だった。
その彼が偶然同時期にバリ入りし、Sと食事をした後一緒にカキアンに来て再会と
なったわけ。
彼は雑誌サライのコラムを書いていたとかなんとか・・そんな事言っていた記憶が・・・

お茶でもしましょうと4人でベーカリーに入る。
お互い7年前の初対面の場面を思い出し懐かしむ。
2年前に結婚をして今は家を建築中との事。名刺を頂いたのでバリ友仲間がまた増えた。

お茶をしている所に、ヘルメットを被りパンを買いに女性が来店。
ふと見ると踊りの化粧のままのCさん。
偶然にまた会えた。昨年の5月には自転車さえ乗れなかったのに今はバイクに乗っている。
デンパサールまでチャリで行きぶっ倒れた経験があるので、よほど困ったのだろう。
安全運転してね。

明日はテルタサリの踊りを観に行く事をIさんに言うと彼も行く予定だと言う。
なので明日の夜もまた会う約束をしてお開きにする。

今日も楽しい1日だった。何よりSとIさんに会えて嬉しかったぁ。
明日も楽しくなりますように・・・

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-12-04 21:08 | 景色