Bagus!

miegoreng.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 08日

サヌール、家出おばさん

サヌール、昨年めっちゃ不思議な日本人のおばさん(私もおばさんだけど)と遭遇。
九州から家出して初めてのバリサヌールで、それもエアコン無しの小さな安ロスメンで
1カ月位滞在してた。
壁には紙切れで毎日終われば×をつけて消す小さなカレンダー。
日本での生活に見切りをつけてバリで家をレンタルすると
「日本人仲介人と明日会う」と言い交渉に行ったが、結局その仲介人は家で
昼間っからゴロゴロしてる風だったので胡散臭いから止めたと言う。

家庭の事情を話してくれるもその時は「ふ~ん。へ~っ」って納得したけど
どうも虚言壁風のような感じがした。

で、最終日、私達は空港に向かうのでチェックアウト。
でも夜の9時まで部屋を使いたかったのでその日の分1泊余分に支払っていた。
だから、湯船もエアコンも無い熱風呂みたいな部屋で寝起きしているおばさんに
その日泊まらせてあげた。
ホテル側にはパスポート提示してOKをもらい私達をその部屋から見送ってくれた。

その日は電気もテレビもつけたまま熟睡してしまい、翌朝朝食を食べにレストランに。
食後部屋に戻りシャワーを浴びた。
    
らしい・・・

d0167093_9473027.jpg



私達のバスタブ・エアコンがある部屋に物凄く感激していた人が
風呂にも入らず寝るだろうか?もう60代だと思うけど、朝まで熟睡爆睡か?

そして朝食後のそのシャワーの時、ホテルの人間に財布を抜かれたと言う。
昨夜、私の連絡先をメモする手帳をバックの中から取る時には
間違いなく財布はあったと言う。
夜中は電気ついているし、その部屋はドアを開けたらすぐにバスルームで
ベッドの部屋が死角。なので人がいるかどうかわからない。
普通、電気もテレビもついていれば、部屋には誰かがいると判断すると思う。
なので、シャワー時に浸入した他考えられないとおばさんは言う。

家族に何も言わないで家出してるので私も心配で帰国後連絡下さいねと
約束していたので帰国後の電話で盗難事件を聞かされた。
警察やドコやら行って大変だったのぉ~と。

でも、デンパサールから乗り換えの台湾では博物館を見て大感激したと土産話も
披露してくれた。
(ロスメンに置いていたお金で帰国したらしい)
律儀と言えば律儀だが、どうも私は、これはウソのような気がする。作り話だと思う。

でもインドネシアに住んでいた人が「ありえる」とも言う。
真相は闇なんだけど、これからはヘタに日本人と関わり持たない!って思った。
私、誰とも友達になりたいんやけど、これからはちょっと見方変わるかも。

と言いながら、来週からの渡バリではどんな人と出会えるんだろ?と
めちゃ期待している私がいます!

まあ、昨年のおばさんも今となっては面白話となりましたとさ。ちゃんちゃん!



にほんブログ村 旅行ブログ インドネシア旅行へ

にほんブログ村 海外生活ブログ インドネシア情報へ
ポチリとお願いします。
[PR]

by miegoreng | 2010-11-08 10:51 | ホテル&ヴィラ


<< 讃岐の土産      関空でウケたおっさん >>